探偵に問い合わせする

探偵事務所に相談や調査依頼をする際にその探偵事務所に直接訪ねて来るという相談者や依頼人は近年、少なくなりました。

以前ですと事務所の看板を見て飛び込んでくる相談者や依頼人もおられましたが最近では必ず電話やメールなどで最初に問い合わせをする方が殆どです。

中でもメールによる問い合わせが増加してきております。
それはこのネット社会に適応するように各探偵事務所もホームページを製作、その中には「お問い合わせフォーム」等も作成し問い合わせをし易くしています。

ただこのメールのやり取りではいろいろと不都合のことも起こってきます。

電話でのお問い合わせですとやり取りがその場の口答でいろいろとできますのでお尋ねの悩み事などへの結果に至る調査方法や見積金額もある程度すぐに提示できます。

しかし、メールでの問い合わせですと余りにも簡潔な問い合わせが多いのです。

極端に言えば「調査をお願いしたいのですがいくら掛かりますか?」という問い合わせ。
何の調査を希望されているかも全く判りません。
これは極端すぎますが次に挙げるケースがけっこう多いのです。
「配偶者が浮気をしているようです。浮気調査はいくらぐらい掛かりますか?」
「お金を貸した人がいなくなりました。探し出すのにいくら掛かりますか?」
「結婚を考えて交際している人がいますが既婚者かもしれません。調査するのにいくら掛かりますか?」
確かに上から浮気調査、人探し、身元調査を希望しているという事は判りますしいずれも調査料金を気になさっている事も理解できます。

しかし、これでは正直、すぐに見積もりも出すことは出来ません。
通常、探偵事務所からの返信では「状況の詳細をお聞きしたいので面談したい」と伝えるはずですがそれでもメールのやり取りでお願いしたいという人もけっこう多いのです。

まず「浮気調査」ですが相談者が女性であれば夫について勤め人か自営か?どういった業種か?どうして浮気と思い調査をしたいのか?浮気相手についてはどの程度判っているのか?通勤などの移動手段は?
こういった内容を聞いてからでないとどういった時間に浮気調査してよいのか、いくらプロの探偵といってもまったく答えようがないのです。
そして浮気という行為は夫の行動によるものでいつ浮気をするかなど当事者でないと判りません。
たった1日で浮気相手と会ってくれて浮気の証拠が得られるか3日掛かるか1週間掛かるか全く判らないのです。
しかも1日の調査時間もまったく予想はできません。
例としては悪いかもしれませんがタクシーに乗って目的も言わず、乗務員さんにいくら掛かりますか?と聞いているようなものなのです。
乗務員さんも目的地が分からないと全く答えられませんよね。
それと同じなのです。

「人探し」についても同じです。
対象者と依頼人の関係性はどういったものなのでしょう。
そして対象者についてどういった情報をお持ちなのでしょうか?
その情報によっては簡単に見つけ出せ低料金でお受けできるものもありますがプロの詐欺師の様な人であると難易度も上がり、低料金と言うわけにはいきません。
何しろ聞いていた名前も住所も出鱈目、本名は知らないとなるといくらプロの探偵といえども探し出すのは困難です。
調査そのものをお受けできない場合もあります。
ですから探し出す対象者についての情報によってとしか言えないのです。

上記の「身元調査」のケースも全く人探しと同じです。
交際している相手についてどの程度の情報をお持ちかによって調査料金、調査期間が大きく異なってきます。
まず相手の住所を知っているのか、知らないのか、行った事があるのか否か。
確かに住所を知っていて行ったことがあったとしても単身赴任者で独身と偽り、既婚者であったというケースもあります。
しかし、最近、多いのは交際しているのに相手の住所を知らないという人が増えてきているケースでこの対応には正直、驚かされてしまいます。
携帯電話とメールの頻繁なやり取りで相手を信用してしまうと言うケースでネット社会の弊害のひとつかもしれません。

このようにどんな調査でもさまざまな状況により調査期間や料金が異なってきます。

メールのやり取りでも出来る限りの応対はしていますがすぐに返信できない場合もありますし何度もメールのやり取りをしなければならないケースもあります。
ですから出来る限り電話でお問い合わせ頂き、メールの場合は詳細の情報を「お問い合わせフォーム」に細かく記述して各探偵事務所に送信して頂けるほうがと助かると思います。
どちらにしても調査を御依頼頂く際には各探偵事務所に直接着て頂くかどこかご指定の場所で面談させて頂き、契約書などに署名して頂くしかありません。
まずメールのやり取りだけで調査依頼は出来ないとお考え下さい。