実施する調査の結果を事前に想定する

探偵はご依頼者の意向に従い現場での調査を実施いたします。もし、ご依頼者の考えと異なる方向性の事実が調査によって明らかとなっても探偵に支払う調査費用は発生します。このようなケースで探偵とご依頼者がトラブルになることは避けたいものです。トラブルを回避のために必要な要素は様々あるとは思いますが、「実施しようとしている調査の想定を調査着手前に考える」ことが第一に大切に思えるのです。探偵は依頼が欲しい思いが働き「調査を実施するにあたり都合の悪い想定は口にしない」ことでしょうから「ご依頼者が自身で想定できる調査結果を考慮」することが必要なのです。自身に都合の良い想定ばかり頭で思い浮かべていると「予想もしない結果」という形で調査を終えることも十分に考えられるのです。

探偵へ調査依頼の際は想定外の調査結果も受け止める覚悟が必要

探偵が実施する調査で「抱える問題が解決する」ならば探偵に依頼した調査は有意義で依頼人にとって価値あるものとなります。しかし、全ての調査が依頼人の欲している結果とはならないことが現実と言えます。問題やトラブルを抱えている依頼人の心情からは「解決するために必要と判断した探偵の調査」が更なる金銭的な負担と調査後に思えてしまうのです。ここで探偵からのアドバイスとして進言するのですが、「探偵の調査は事実確認が前提である行為」と理解していただくことが重要と考えるのです。確かに依頼した目的通りの現実が確認されたならば良いのですが「目的に関係ない事実」も数多く存在するものなのです。全ての現実は無数の思惑や行動から成立するものです。あなたが探偵に調査を依頼した目的である現実は無数に存在する現実の一つということになります。調査対象者が目的通りの行動をとるかどうか?は無数に存在する現実を確認する作業でしか結果として得られないものなのです。探偵は結果を急ぐご依頼者の心情も理解していますが、調査という作業を実施することは依頼人の思いに反した作業をコツコツ実施するという事でもあるという事実も十分に理解しているのです。

探偵に依頼する調査の理想と現実

探偵との相談を十分に時間を掛けて実施し調査に係わる多くのリスクも理解した上で調査に着手する。探偵が過去に経験した調査で得られたアドバイスにより確実な調査計画の基に調査が進行します。このような完璧な段取りであっても「想定外の調査結果」は事実として依頼人の前にあらわになるものです。浮気調査に例えてご説明するならば「確実な浮気の証拠を求めて浮気調査を実施」したはずが「何度調査を実施しても楽しそうにデートを重ねるだけの関係」などが調査目的を達成できない結果と言えるでしょう。この他にも「同業ライバル会社の主要人物と仲良くする社内のキーマンである従業員」の素行調査を実施する場面でも「楽しく飲食や趣味を共にする事実は確認される」が肝心な不正に関わる行動などが表面化しない等の調査案件も同様に「調査目的に届かない案件」と言えるのです。疑わしいい行動をとる人物は大人の判断として「疑われて当然の存在」と考えられるものですから素行調査を実施れる流れも当然と考えられますが「結果が得られるか?」という点においては、はっきりとした成功率は申し上げられないことが正直な探偵からのアドバイスと言えるのです。会社の経営陣という立場から判断されるならば「素行調査は必要なリスク回避」と考えられますし「何も実施しないまま不正により多額の損失を将来的に出してしまう」ことは想定内と考えられ、必要な対策や手段を実施することは「必要枠」であり、「リスク回避の努力」と考え捉えることが必要に思えるのです。