探偵に必要な様々な才能や長所

探偵を職業と出来る人物には「人より優れた長所」を持って経験を積まなければならないと著者は考えています。どのような長所が探偵に適したものであるかは説明ができませんが、多くの才能は探偵という職業に必要と考えています。記憶力が長所である人物は探偵に向いていると考えられますし、運転技術が優れている人物も探偵にむいていると思われます。そして、話術に長けて誰からも好かれるなどの好印象を持ち合わせる人物も才能豊かと言えるでしょう。地味な才能で言えば「根気強く目立たない」ことが長所である人物は「探偵が天職」とも言える才能の持ち主と言えるでしょう。書くいう著者が得意としていることは「細かなことに気が付く」ことが他者と比較すると多くあると自身では分析しています。この才能は探偵を長年継続してきたなかで大変役立つと感じています。細かなことに気が付くことで「調査に必要な情報が多く得られる」ことが大きなメリットと言えるのです。私の場合は現場で得られる情報に限って多くのことに気付けるのですがパソコンで細かな調べ事などは才能がありません。得意と不得意は表裏一体で存在しているものなのですかね。

探偵には不向きな人物の特徴

探偵という職業に憧れて探偵事務所に所属しても長く探偵という職業を継続できない人物は多く、離職率の高さが探偵業務の過酷さや必要な能力がある程度そなわっていなければ務まらない職業との位置付けにあると考えられます。根本的に探偵として活動するには「対人コミュニケーション能力」がある程度備わっている人物でなければ探偵業務は実施不可能と言えます。尾行張り込み撮影が可能ならばコミュニケーション能力は必要ないと勘違いした認識を探偵に持っている方が稀に存在しますが、「大きな間違い」と言えます。探偵ほど周囲とのコミュニケーション能力が探偵としての自力に関わる職業はありません。考えてみてください「尾行張り込みで長時間に渡り同じ場所に滞在する時間が長くなれば周囲の人物とコミュニケーションをとることで不安を取り除き張り込みを容易にするのです。この考えがない探偵はじっと対象に対して目を向け周囲の空気感を考えない教科書通りの行動で短期間に張り込みが実施困難となってしまうのです。探偵は広い視野といち早く周囲の空気を読む能力が欠かせない職業であると考えます。この能力が無いとお感じになる人物は「探偵に不向きな特徴を持っている」と考えられ現場での情報収集に必要な実働調査が向いていない人物と判断できるのです。

現代で活躍する探偵は常識人

探偵業法が施行されて10年以上の歳月が流れました。探偵として活動するためには法規に沿った業務を実施し「倫理や常識を持ち」活動することが義務付けられたいることは改めて言葉にする必要もありません。探偵として存在するためには常識を持ち犯罪に関わる危険性がある調査はお断りする決まりとなっているのです。ストーカーやDVに関わる危険性のある調査や差別に繋がる可能性のある調査も常識や良識の範囲内でお断りすることが望ましいと言えるのです。探偵として存在する人物は常識人であり、その判断を見誤ることが無いよう注意深く探偵業務に携わることが必要と言えるのです。もし、このような探偵としての常識を逸脱しているとお感じになる人物との調査契約は危険ですので十分に考慮した上で提携されることが必要と言えるのです。