別れさせ屋とは?

別れさせ屋というものをご存知でしょうか?

別れさせ屋とは、依頼者から依頼を受けてターゲットのカップルを別れさせる工作を行う業者のことです。

どのように工作を行うかというと、工作員が対象者もしくは交際相手に接触して親密になり、二人を別れさせてから工作員自身は連絡を絶つ、というのがオーソドックスな流れです。

逆の復縁工作というのもあり、対象者と知人となるように接触して依頼者と寄りを戻すよう働きかけるなどの工作を行います。

2001年にドラマでそのものずばりのタイトル「別れさせ屋」が放送されていたようですね。

社会問題に

実はこの別れさせ屋は依頼者との料金トラブルが非常に多く、一時期ちょっとした社会問題となっていました。

その影響で例えばヤフーのインターネット広告では別れさせ屋は現在まで出稿することはできません。

原因は主に「高額な報酬額」ですが、さらに言えば「工作の課程が必ずしも明確ではない」ことです。

工作が上手くいかなかった場合でも、業者としては成功しようが成功しまいが自分たちが活動した労力の報酬は貰いたいわけです。

しかし、例えば別れさせ業者が「昨日は〇〇をした」「今日は〇〇をした」と言っても、最終的に結果が伴わなければ本当に工作活動を行って上手く行かなかったのかどうかが疑わしくなってきます。

中には全く工作を行わずにお金だけ騙し取る詐欺業者も存在していました。

さらに、恋愛や交際に関わらず、工作活動によって人の気持ちを操作するというのは、公序良俗に反する違法行為ではないかと法律的にも問題となったのです。

もっとひどいところは対象者やその交際相手に対して暴力団まがいの脅迫・強要に該当する行為を行っていたみたいですね。

犯罪になった場合、依頼者も共犯となる可能性があります。

別れさせ屋は探偵ではない

そもそもなぜ別れさせ屋について書いているかというと、以前から別れさせ屋が探偵業の届出を出しており、探偵を名乗っているケースが非常に多いからです。

ドラマ別れさせ屋でも「PPI探偵社」なんて名前がついていたみたいですしね。

なぜ探偵業の届出をしているのか?

別れさせ屋が工作活動を行うにあたり、自然な接触を装うために事前に対象者らを尾行して立ち回り先などを調べておく必要があり、尾行での調査を行うためには探偵業の届出が必要という論理のようです。

しかし、別れさせ屋が本業でありながら探偵を名乗られてしまうと、探偵が別れさせ工作や復縁工作を行っていると誤解をされかねません。

その別れさせ屋のトラブルが探偵とひとくくりにされてしまうのはこちらとしても納得ができないことです。

少し前にあるストーカー事件で探偵が共犯で逮捕されました。

ストーカーである依頼者に頼まれて調査員がストーカー行為に該当することを代行していたのです。

ニュースでは探偵と報道されていましたが、実際は探偵業届出をしている別れさせ屋でした。

しかし、それを見ている人は「探偵がやった」と思うのが普通です。

こういうのはほんとに勘弁してほしいんですよね。

現在のところ、本職の探偵事務所は別れさせ工作や復縁工作は行わないように自主規制しています。

ですので、別れさせ工作や復縁工作を行っている探偵事務所は「別れさせ屋が母体である」ということを知っておいていただきたいのです。