探偵の評判を知ることは本当に可能なのか?

探偵の仕事ぶりや評判を知ることは不可能と言えます。探偵の仕事の根本的な部分を理解して頂ければ簡単なことなのですが、他人に話せない極めてプライベートな問題を取り扱う探偵業務は守秘義務が存在し「取り扱った案件を探偵側から他言することはありません」となれば探偵を評価することが可能となる人物はご依頼者以外に考えられませんが「多くのご依頼者も自身のプライベートな問題を探偵を利用して解決したと公言する方はいらっしゃらない」という現状にあると言えます。それではネット上に見られる「探偵の評価や探偵の評判・探偵のランキング」などが信じるに値するものなのか?と考えた場合には「信憑性の低い探偵の自作自演の広告である」ということが理解できるのです。古くから探偵業界における誇大広告は問題視されてきました。「相談者数○万件」や「業界ナンバーワン」・「クレームゼロ」・「失敗ゼロ」などなどあり得ない言葉のオンパレードと言えますね。依頼さえ取れれば何でも有りな業界と言え、そこで働く探偵たちの品位こそ「ゼロ」と言えるのではないのでしょうか?結果的に言えば「探偵の評判や評価を知ることは不可能」と言えます。ですから、自身で依頼可能な地域範囲の探偵が行政処分を受けた過去が存在するか?どうかの判断が可能なくらいで「どこの探偵はどの調査が上手い」などの評価を知ることは不可能なのです。このような事実を理解しないまま「ネット検索で上位表示されている探偵の評価や評判」を信じることは無意味と言えるのです。

探偵が投じる多額の広告費

探偵は自己の存在を広告という形でアピールしなければ「依頼を獲得すことが極めて困難」となります。広告に頼らずに依頼をコネクションや営業活動のみで獲得する探偵も存在しますが「極めて少数な存在」と認識されています。多くの探偵は可能な限りの広告を利用し、広告効果により相談や依頼を獲得する流れとなっているのです。そして、現代社会ではインターネットの利便性を考慮し「検索エンジンで上位表示されることに広告効果がある」という認識にあるのです。こう考えるとSEOに投じる費用も広告費の範囲となり、検索結果の表示順位が広告効果と判断されることとなるのです。このような広告費を多額に投じてSEOにより上位表示させて「自作自演のランキング」などを作成している探偵業者が頻繁に目につきます。高額なSEO費用を投じて依頼人を集める手法は「探偵自身の評判や評価とは関係ない」と理解し、ご自身の納得行く調査を実施可能な探偵を他に探すことが有意義と考えられるのです。

探偵が考え実行する広告

探偵が考え実行する広告である「ランキング・評価・評判」は多くが「信憑性が低くあてにならない」ことが容易に判断可能となります。それでも尚、悪徳探偵に引っかかってしまう人物が後を絶たない理由は何か?と考えると「安易に探偵を選びすぎる」という理由に行き着き「探偵をもっと吟味して選ぶ姿勢」が依頼する側に必要となることが言えるのです。多くの広告費を投じて露出が多い探偵ほど「苦情が多い」現状にあり「多額な広告費を回収する」ために「高額な調査を実施させよう」という考えが働いているものなのです。このような探偵の裏事情や現実を知ると本当に探偵を必要として依頼を考えている方々には恐ろしい現実と言えるでしょう。そして、ネット上に上位表示されている情報の信頼度がどの程度であるか?広告費を投じて上位表示させているだけの探偵ならば高額費用が発生する可能性があると理解した上で相談や問い合わせをする認識が必要に思えるのです。